東京 足立区の葬儀社 各宗教葬から無宗教葬まで、故人・ご遺族のご希望に添った葬儀をお手伝いいたします。お葬式・患者輸送のことなら東京 足立区 綾瀬の東京博愛社

株式会社東京博愛社 -ホーム- 0120-03-9948

葬儀便利帳

ホーム生前予約

東京博愛社がお届けする安心の葬儀生前予約システムです。
葬儀内容、費用のメンテナンスを3年ごとに行いますので、社会的、経済的環境の変化にも対応でき、ご自身の希望の葬儀が施行できます。

■生前予約準備システム

本人が生前に、自分の葬儀の内容と費用の支払い方法を決め、葬祭業者などと契約を結んでおく方法は、アメリカでは「プレニード」と呼ばれます。
この影響を受けて、日本でも、最近は様々な「生前契約」「生前予約」と呼ばれる葬儀の生前準備システムが登場しています。

■生前契約と生前予約

葬儀の生前準備システムとして登場した、「生前契約」や「生前予約」は、似たような言葉でわかりにくいと思いますので、この2つの違いを簡単に説明しましょう。

生前契約」とは、次のような3つの条件が兼ね備わったものです。
1.葬儀の内容が詳細に決められている。
2.費用の支払い方法を明確にしている。
(例えば、生命保険に加入してその保険金の中から遺言によって葬儀費用を支払えるように手続きしておく。)
3.以上の1や2を詳細に決め、生前きちんと契約をしている。

生前予約」は、「生前契約」のように厳密さを求めず、もう少し緩やかな準備システムです。

■生前予約のメリット

■いざという時、葬儀内容が事前に準備できている為、遺族はあわてずに済み、
 必要以上の心労を負わない。
■本人の生前の意思を尊重できる。
■葬儀費用を、合理的に準備しているため、遺族の不満が残らない。

プレニードとは・・・
正式には「プレニード・フューネラル・アレンジメント(葬儀の生前準備)」といい、あくまで契約による方式をとります。
アメリカは日本とは法律の環境が異なり、本人の意思だけで契約が整います。
アメリカでプレニードが普及した理由は次のようなことでしょう。
◆日本の香典のような習慣がなく、葬儀費用は全て遺族負担となるため、事前の準備が必要なこと
◆日本より離婚率が高く、多様化した生き方が普通となっているので、葬儀の担い手がいない人が多いこと

詳しくはこちらからお問い合わせ下さい

株式会社東京博愛社 東京都足立区東綾瀬1−16−15 24時間受付窓口フリーダイヤル0120−03−9948

Copyright (C) 2001- 2017 Tokyo-Hakuaisha Co., Ltd. All Rights Reserved